わらべ唄「とおりゃんせ」発祥地!三芳野神社

三芳野神社_石碑 神社・仏閣

三芳野神社は川越市郭町にある神社。川越城の鎮守として寛永元年(1624)に徳川家光の命により、城主酒井忠勝によって再建されたといわれています(創立は大同二年(807)とされています)。

歴代の川越城主のみならず庶民からの信仰が厚く、「お城の天神さま」として親しまれていたそうです。

また、わらべ唄「とおりゃんせ」発祥の地として有名です。

祭神は素盞烏尊(すさのおのみこと)・奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)。 菅原道真・誉田別尊(ほんだわけのみこと)を配祀する。

ご利益は学業成就、合格祈願、家内安全。


「とおりゃんせ」とは?

神社が川越城内にあったため、一般の人の参詣はなかなか難しく、その様子が歌われていると伝えられています。

 

とおりゃんせの原文

通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの 細道じゃ
天神さまの 細道じゃ
ちっと通して 下しゃんせ
御用のないもの 通しゃせぬ
この子の七つの お祝いに
お札を納めに まいります
行きはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも
通りゃんせ 通りゃんせ


細道~社

川越 三芳野神社 参道 行き

天神様の細道。行きはよいよい。

三芳野神社_鳥居

三芳野神社_社

2019年春まで行われていた改修工事も完了し、ご覧の通りピカピカです。


大楠跡

川越 三芳野神社 大楠 説明

川越 三芳野神社 大楠跡


帰りの細道

川越 三芳野神社 参道 帰り

帰りはこわい?


川越城本丸御殿

川越城_本丸御殿

三芳野神社の隣にある川越城本丸御殿。


御朱印

川越 三芳野神社 御朱印

「江戸に湯島天神、小江戸に三芳野天神あり」と言われ、

1300年間、地元に愛され続けた天神様のご紹介でした。

コメント